カテゴリー
ブログ

世界で自動車を販売するために

タイヤ新車を購入したときに装着されてくる新車用タイヤを注意して見てみると、国内メーカー製ではない車種があることにお気づきだろうか。世界のトップメーカーのタイヤならまだしも、これからはアジア全体でクルマを売るためには多少なりともタイヤのお付き合いがあるので、日本が技術提供している国からのタイヤが装着される場合が多くなっているのだ。今後、こういうことはますます増えていくことだろう。

しかしタイヤを扱う者としては、高い技術力を備えた日本車にそのようなタイヤを装着してしまって本当にクルマの安全を考えているのかと疑問に思うこともまた事実だ。中には名前だけが海外メーカーで、中身は国内メーカーの商品と全く同じ構造をしているタイヤもある。自動車もタイヤも海外で大きな利益を上げている以上はいろいろなお付き合いは必要だと思うが、命を守るタイヤだけはその対象に絶対にすべきではないし、何よりも何百万円もかけて大きな買い物をしたお客様に失礼だと考えるがどうだろうか。もしそれがかなわないのならば、次回のタイヤ資金としてキャッシュバックするのもそういうタイヤを採用した自動車メーカーのアフターサービスではないだろうか。