カテゴリー
ブログ

網入りガラスの防犯性能

網入りガラス網入りガラスとは板ガラスの中にワイヤーを封入したもので、火災時のガラスの飛散を防止する窓ガラスです。ワイヤーは小さい網状になっており、万一ガラスが割れた場合に破片をワイヤーが支えるために飛び散らないのです。

網入りガラスは一見すると防犯性能が高いように見えますが、実際は防犯性能はほとんどありません。泥棒は窓ガラスに手の入る程度の穴をあけ、クレセント錠を開けて侵入します。ガラスに網が入っているため、穴が開きにくい印象を与えますが、実際には比較的簡単に穴は開いてしまいます。

これは、網入りガラスに入っているワイヤーはあくまでガラスの飛散を防止するためのものであるためにある程度の粘りが必要であり、柔らかめの素材を使用していることが理由です。工具などで強く叩けば切れてしまいます。また加工のしやすさの観点からも、ガラスカッターで容易に切れるようにできているのです。

ガラスに防犯性能を求めるのであれば、網入りではなくフィルム入りの合わせガラスを採用する必要があります。