カテゴリー
ブログ

日本初の女性専用トイレ

トイレ日本ではじめての女性専用トイレがつくられたのは、東京大学でのことだ。当時は婦人用トイレという言い方をしていたが、この婦人用トイレをつくるように大学にすすめたのはアメリカ人モースだ。彼は明治時代に来日し、東京の大森貝塚を発見したことで知られている人である。

モースは1877年に設立された東京大学に生物学の教授として迎えられた。この時代は男女共学という考えがまだ無く、大学とは男性だけが学問を学ぶ場所で、女性はひとりもいなかった。そして当然、大学のなかに女性専用のトイレというものもなかった。

しかし学問を学ぶ自由は男女関係なくあたえられるべきだと考えたモースは、いずれ日本の女性も大学で学びはじめることを見越し、生物学の校舎に女性専用トイレをつくらせたという。これが日本で最初の女性専用トイレとなったのだ。しかし実際にモースがおしえていた生物学の校舎に女子大生がやってきたのは1956年のことだった。