Home » 住宅 » 生涯に一つくらいは不動産と呼べるものを持ちたい

生涯に一つくらいは不動産と呼べるものを持ちたい

fudosan4昔は持家を持つことが一つのステータスでしたが、今は土地神話も崩れて久しく、ライフスタイルも多様化して必ずしも不動産を所有することを必要としなくなりました。

土地を買い、家を買うとなると、000万円を超える頭金を用意して、35年ほどローンと共同生活せねばなりません。3000万円ほど借りて長期間のローンを組むと利息だけでも1000万円以上ついてしまいます。

公務員ならともかく、中小企業のサラリーマンではリストラなど雇用の継続も心配せねばなりません。家を建てたのも良いけれどローンを20年残して、リストラされたとか会社が倒産て仕事が無くなったでは目も当てられません。

でもこの頃家が欲しいなと思うようになりました。生きてきた一つの証として、頑張って働いてきた成果として、不動産と呼べるもの、持家が欲しくなりました。妻も欲しいと言うし。

俗っぽい話ですが、親に建てた家を見せたいし、子供にも見せたいと思います。不動産は安くは無いですが、今まで貯めた資金にこれから5年頑張ってプラスして、足りない分はローンにして思い切って決断しようと思っています。

高い買い物ですから情報をしっかり集めたいと思います。不動産の物件の情報ももちろんですが、頭金はどのくらい必要かとか、ローンの総額は年収の何倍くらいまでとか、5年の間に勉強したいと思います。