Home » 健康 » 全身が軽くなったマッサージの体験

全身が軽くなったマッサージの体験

以前仕事が大変忙しい時期があり、休みも思うように取れない状況が続きました。体は確実に疲れきっており、肩も腰もパンパンの状態でした。寝ると疲れは多少取れるのですが、全身の凝り状態はピークに達しており、これはマズイと感じてマッサージに通うことにしました。

なぜマズイと感じたかと言えば、以前にそのような状態から、ぎっくり腰になったことがあったからです。腰の疲れがピークになっていても何も対策を打たなかったため、ちょっとした腰のひねりの際にギクッときてしまい、大変な思いをしました。ぎっくり腰の原因は人それぞれ違うようですが、私の場合は疲れで腰痛を感じるようになった時は、危険のサインと認識しています。ぎっくり腰は咳やくしゃみだけでも冷や汗が出るほどの痛みがあり、もう二度と体験したくはありません。
そのような経緯もあり、ある程度の疲れや凝りを感じてきたら何か対策を打つことにしています。その時は会社の同僚に評判の良いマッサージのお店を勧められ、初体験となりました。お金は掛かりますが、人の手で全身の凝りをほぐしてもらうことは、本当に気持ちが良いものです。もちろん痛さが気になる箇所もありますが、ほぐしてもらって血行が良くなれば、それ以上に嬉しいことはありません。
施術後は明らかに身体全体が軽くなり、生まれ変わった気分でした。目もパッチリ開くようになり、マッサージの心地よさはクセになるとその時感じました。肩も足も腰もスッキリし、ぎっくり腰の心配からも解放されます。今では年に何回も通っています。