Home » ビジネス » システム開発と聞いてピンと来ない人に例えて簡単な説明を

システム開発と聞いてピンと来ない人に例えて簡単な説明を

システム開発と言ってもその規模は大小さまざまでありますが、一般的には企業で行われる業務をシステム化するための開発作業です。
開発工程を大きく分けると、概要設計、詳細設計、開発作業と格フェーズにも更に細分化して分ける工程があったり呼び方も様々ですが今回はこのように3つの工程に分け説明したいと思います。
専門的な用語が用いられるのが多いので今回は例え話に置き換えて説明したいと思います。
システム開発を家やマンションの建設に置き換えると頭に浮かびやすくわかりやすいと思います。

実際のシステム開発における流れと作業も非常に似ています。
概要設計については家を建てる際にどんな家を建てたいか大まかな設計です。
大まかと言っても建て主の要件を満たす、重要な設計です。
家を建てる際には営業から設計士を交える設計作業にあたります。
詳細設計については概要設計で決まった設計を元に家の内装や使用する材質から事細かく設計を行います。
家を建てる際にも建築士が行う設計と同じで、開発作業がスムーズに進むようにより正確に設計書を引きます。
この工程も非常に大事でここでの設計次第で以下の作業時間などに大きな影響を及ぼします。
開発作業は詳細設計を元に実際の家を建てて行く作業になります。
この作業は大工さんや職人さんにあたる作業工程に置き換えるとわかりやすいでしょう。
以上の工程を終えシステム開発は終わりになりますが、この後も家と同じで家を維持するためメンテナンスなどの作業、サポートへ引き継がれます。
システム開発と聞いてどんな流れや作業なんだろうと思っていた人にも少しでもイメージしてもらえたらと思います。