Home » 自動車 » 重油の香り、あまりよくないのかもしれないけど・・・

重油の香り、あまりよくないのかもしれないけど・・・

重油の香りが好きで、道路工事の現場などがあるとそこを通りたくなってしまいます。

あまり頻繁に出会うことはありませんが、春の道路工事が多い時期などはちょっと楽しい気分になります。

(工事の騒音は好きではありませんが・・・。)

工事現場の方々はやはりこの重油の香りが作業服はもちろん身体にも染み込んでしまってつらいと思っている方もいるようです。

油ということもあってか、服などは熱めのお湯で汚れやその香りが大幅に落とせるようですが、身体にはそんな熱いお湯をかけることはできないので・・・そしてどちらかというと身体というよりも髪に染み込んでしまっているのでしょうか・・・重油の香りがつらい方には大変なお仕事だと思います。

以前、重油のような香りがするという香水があると聞き、お店で試したことがあります。

けれど、本物の重油とは程遠い、どちらかというとおじさまの加齢臭に近いというか・・・トニックの香りでしょうか、とても残念な思いをしたことがあります。

パワフルなエネルギーとして重宝されている重油ですが、限りある資源。

重油の香りを感じるたびに、ああまだ枯渇していないな、と思う反面、将来この香りを感じることがなくなる時が来るかもしれないな、とも考えてしまいます。