Home » 不動産 » 建築工事をするときの住民対応

建築工事をするときの住民対応

建築工事が開始されると、何か月、下手したら何年も周辺の住民は騒音を受け続けるので建築会社としてもきちんと周辺の住民の理解を得なければなりません。地域によっては工事をする前に周辺地域の住民にどんな工事をするか知らせ、説明会を開かなければならないとする条例があるところもあります。

そうでなくとも、できるだけ周辺の住民、とくに真横の家などには説明を尽くすべきだと思います。
やはり昼間とはいえ、大きなトラックが砂煙をあげて出入りし、掘削機の音が響いていると大迷惑です。また工事車両のせいで日常の買い物や送迎などの車の通行が妨げられる迷惑もあります。
建築工事は周りの住人に大きな影響を与えるので、きちんと説明を尽くし、また工事中は危険がないように警備員を配置して最大限の対応をすべきです。
そうした対応を怠ると、住民は態度を硬化させ、場合によっては妨害活動をしたり、反対集会や反対運動が大きな盛り上がりをみせ、支援資金を集めて工事の差し止めを求める裁判を起こしたりしてしまいます。
そうなってから対応したのでは後手に回ってしまいますし、大きなコストを支払うことになるのです。
何事もあらかじめ対応しておくのがベターだと思います。