Home » ブログ » 一番おもしろかったマンガはスラムダンク

一番おもしろかったマンガはスラムダンク

manga04人生30年以上生きていれば勿論それなりに様々な本やコミックを読んでいるし、私の場合は多分人より多くの作品に手を出していますね。そんな私が一番おもしろかったマンガと聞いて真っ先に思い浮かんだ作品が「スラムダンク」です。言わずと知れたバスケット漫画の名作で、アニメ化、映画化もされた作品ですし知らない人の方が少ないのではないでしょうか?主人公の桜木花道が初心者からバスケットボールを始めて上達していくというのがメインストーリーとなります。

このスラムダンクというマンガはスポーツ漫画の王道であり最高峰ということが出来るでしょう。

何よりキャラクターがとても魅力的で、少年漫画ですが性別問わず人気でしたね。そういう私自身雑誌の連載当時は女子中学生でしたが、2ヶ月に1度のコミックは必ず買い求めていました。それにこのスラムダンクをきっかけにバスケを始めたクチです。バスケットのルールを知ること、試合のシンドさや大変さを知ることでより作品に愛着が湧いたし、私は正直あまり上達はしなかったのですが今ではいい思い出です。スラムダンクは大人になってからも何度も読み返した作品で、読み返すと作品自身の魅力もですが、作品を読んだ頃の事やバスケをしていた頃の事を思い出します。