Home » ビジネス » 運送会社のカラーはそれぞれに

運送会社のカラーはそれぞれに

運送会社とひとまとめにすると見えにくい、各社のカラー。個別宅配から引っ越し、企業向け配送まで取り扱っていてもそれぞれの会社に主力「運送」がありますから、カラーを読み間違えると納得したり、逆に後で驚いたりすることも。

ある会社は個別宅配が主力。でも引っ越しも取り扱っていると確かに書いてある。なので「御社で引っ越しをしたい」と言ったらその社員女性に止められました。「やめといてください」「引っ越しなら引っ越し会社に頼んでください」「人がいないんです」。あまりにも真剣に言われたのでいろいろ都合があるんだろうなと思いつつやめとくねと返答。すると後日その会社の人手不足が大々的に報道されていました。

またある会社はこれも個別宅配が主力のように見えました。今度は特殊配送を頼もうと思ったら、他の人から止められました。「あの会社はコンベアーで分けるから間違える」「なかなか届かない」「その分安い」。なんでもその止めた人は、あえて自分の会社ではその運送会社をなんとしても使うべく客先に強引に押し通すことが仕事なんだそう。理由は「だって安いからさ」。安いものには理由があるんだなとこれまたとても納得。

最後は力いっぱいのイメージの会社。企業向け物流が主力と知りながら引っ越しを頼んでみたところ、恐るべき組織力と力強さで瞬く間に見積もりされ引っ越し資材が運ばれてきて、あっという間に荷物がトラックへ。力いっぱいのイメージ通り。作業の手早さを支えるのはチームワーク。ギャグを言い合う余裕の様子にびっくり。
運送会社と一口に言っても得意分野や社風は本当に千差万別なものです。