Home » 健康 » 障害年金を意識しよう

障害年金を意識しよう

障害年金と言うものをご存じでしょうか。年金と言う言葉から、私はこれを障害を持つ高齢の方が受け取ることが出来る年金の一種と考えていたのですが、そうではありませんでした。障害年金は確かに病気や怪我など何らかの障害を負った人が受け取れる年金制度ですが、それは何も仕事を退職した65歳以上の人のみ、などと限定された話ではなく、現役世代の人も普通に受け取ることができます。

そしてこの障害には精神的なもの、つまりうつ病や統合失調症、発達障害なども含まれます。特に発達障害は障害を持っている人でも自分がそうだと自覚していないケースがあると聞いたことがありますが、例え病院に行って自分が発達障害、あるいは他の何らかの精神障害を患っていたとしても医者は障害年金への申請を勧めてはくれませんので、もしも何らかの障害を負う、あるいは宣告された場合は(勿論、そうならない方が良いのですが)自分から障害年金を受け取れるように行動した方がいいでしょう。ちなみに障害年金には障害基礎年金、障害厚生年金と呼ばれているものがあります。どちらを受け取ることが出来るかは初めて病院に診察に行った時に自分が国民年金と厚生年金、どちらに加入しているかで変わります。また、障害年金を受け取るには年金の納付状況も関わってきますので、可能であれば元気な内に払えるものは払っておいた方が良いと思います。