Home » ビジネス » 難易度が高い職業社会保険労務士

難易度が高い職業社会保険労務士

社会保険労務士で依頼が多いのは、会社の雇用やお給料、環境の問題です。お給料や退職金だけでなく、ケガや病気、出産をした時の支給額に対する問題でも依頼を受けます。
社会保険労務士は、依頼者が多いと少ないでは年収に大きな差があります。450万円から3000万円とばらつきがあり、年収3000万円もらえるのかというと、必ずしもそうではありません。

この仕事は男性が多いイメージがありますが女性も多く、男女問わず活躍している職業です。
社会保険労務士の合格率は決して高いとは言えません。その年によって異なりますが、合格者の確率は約6パーセントくらいです。38000人試験を受ける人がいるとしたら、だいたい2400人になります。難易度が高いので、目指している人はやりたいと思ってすぐに採用が決まる職業ではないと知っておきましょう。
社会保険労務士を受ける年齢は幅広いですが、ほとんどが社会経験のある人です。特に30代から40代が多く活躍しています。
たまに独学でこの仕事を目指す人もいるようですが、合格はむずかしいと言われています。合格するにはやはり高い知識が必要になるので、専門に学べる学校や通信教育を受けるのが一般的です。