Home » 生活 » しみ抜きはしみの部分を直接こすらず周囲から徐々に落として行く事が大切です

しみ抜きはしみの部分を直接こすらず周囲から徐々に落として行く事が大切です

コーヒーやソース、ボールペンのインク等衣類に付いてしまうとなかなか取れなくなってしまうしみですが、そんなしつこいしみを落とすしみ抜き方法について調べて見ましょう。基本的にしみを直接こすったり叩いたりする方法では無く、タオル等の別の布にしみを移してしまうイメージでしみ抜きを行います。

その方法は至ってシンプルで、2つか4つ折りにしたタオルに衣類のしみの付いてしまった面を合わせる様に置きます。次に水やしみ抜き洗浄液などを含ませた歯ブラシでしみの周囲から叩く様にしながらしみをタオルに移して行きます。この時注意しておきたい事は、しみの周囲から順番に中心に向かって叩いて行く事が必要です。しみの中心から始めてしまうと、しみの周囲部分に輪郭の様な滲んだ跡が残ってしまう為です。この様に歯ブラシで念入りに叩き、タオルに色が付かなくなる迄繰り返します。タオルに色が付かなくなったら衣類等を乾燥させれがしみ抜きは終了です。又、このしみ抜きで注意しておきたい事はお湯は使わないと言う事です。特に血液等はお湯で温められてしまい固まってしまい、余計にしみになってしまう事も有る為です。これらの方法はご自宅で出来る簡単なしみ抜き方法ですので、どうしても落ちない頑固なしみ抜きの場合はやはりクリーニング店等に依頼する事が必要な場合も有ります。