Home » 健康 » キャディさんへのマナーも忘れずに

キャディさんへのマナーも忘れずに

最近はセルフプレーが多く、キャディをつけてプレーする機会がだいぶ減りました。
名門コースと呼ばれるようなゴルフ場では、今でもキャディ付きでないとプレーできないところもありますが、我々庶民は出来るだけ安くプレーしたいので、今ではセルフプレーばかりです。
でも、お金はかかりますが、キャディ付きの方が良い場合はもちろんあります。

それは初めて行くゴルフ場の場合です。初めてのコースでは、できればキャディさんをお願いしたいところです。各ホールの狙いどころ、ティーグランドから隠れている場所のアドバイス、ピンまでの残り距離やクラブ選択のアドバイス、グリーンの傾斜やパッティングライン等々、キャディさんの的確なアドバイスは心強いですし、スコアも随分と違ってくるはずです。
最近はナビ付カートというコースもありますが、キャディさんには到底及びません。
でも、そういったメリットを少しでも多く享受するためには、キャディさんとの良好な関係が大切です。「お金払ってるんだから」と大柄な態度をとったり、上から目線で接したりすれば、キャディさんだって人間ですから良い気持ちはしないはずです。せっかくのゴルフ、楽しいはずのゴルフを台無しにせず、一日楽しくプレーするためにも、人間としてのマナーはしっかりと守りたいものです。