カテゴリー
ブログ

麻雀はリーチをかけてツモるのが強い

麻雀というゲームは様々なローカルルールがあるが、どのルールでも共通な勝ちパターンのひとつが満貫をツモることである。麻雀には持ち点によって終了時に順位ボーナスがあるため、持ち点が近い人同士が争う傾向になる。満貫は比較的作りやすく、ツモった場合に子供でも他のプレイヤーと10000点から12000点の点差がつく。しかも平均的にである。

この平均的という点が大切で、もしツモ和了りではなく出上がりしてしまうとひとりのプレイヤーだけが大きく凹んでしまうため、他者はラスの可能性がぐっと減り、攻めやすくなる。しかしツモアガリで平均的に点を減らすと3者ともがラスの可能性が出てくるため、少しでも上位になろうと競争を始めるわけだ。

満貫を作るには4翻の役が必要になるが、その中でもっとも簡単なのはリーチ、ツモ、ドラドラである。手牌にドラが2つあれば良し、もしひとつでも裏ドラが乗れば完成する。裏ドラは確定していないが、可能性は平均値で30%ほどある。ドラが無けれはタンヤオや翻牌などの役を狙うのがよい。平和ツモは4翻でも満貫にならず、2翻以上の三色などの役は作りにくく聴牌が遅くなる。ドラが最も簡単だが、他の簡単な役でも良いのでツモりやすい待ちで聴牌したら即リーチをするべきである。