カテゴリー
健康

手厚く守ってくれる障害年金とは

障害年金とは自分には関係がないと思っている方が多いかもしれません。障害年金とはどういうものかまず説明し、その有り難い価値をお知らせ致します。障害年金とは、予期せぬ事故での怪我、思いもよらない病気などで日常生活、仕事が制限されるようになってしまった方に支給される年金です。年金と聞くと若い世代は興味が持てないかもしれませんが、障害年金に関しては若い世代、現役世代も対象となることをご存知でしょうか。

また、若い世代こそ、病気や怪我で障害や後遺症を持つと今までの収入が途絶え、長く障害と向き合い、闘病していかないといけないのでお金はたくさん必要になってくるので非常に大切な制度といえます。この障害年金を受け取るには条件があり、年金に加入しているというものがあります。つまり、自営業、フリーランスなどで厚生年金に加入していない方が、国民年金を払いたくないからという理由で納めていない場合は受け取れなくなるということです。国民年金は年を取ってから必要なものだから今は実感がないかもしれませんが、障害年金も含まれると思うと自分に密接に関わっている制度だということがわかります。国民年金は自分のための保険にもなると理解し、納め、万が一の時にはしっかりと障害年金の恩恵を受けられるようにしましょう。