カテゴリー
自動車

友人から、フロントガラスがないまま高速道路を走った恐怖の体験を聞きました。

先日、会社の馴染みのメンバーと会食中、一人がびっくりするような体験談を語ってくれました。それはその人の友人が接触事故を起こし、フロントガラスのないまま高速道路を走った、という恐怖の体験でした。途中経過を聞き損ねたのですが、なんでも他の車に衝突され、フロントガラスが粉々になってしまったそうで、友人は一瞬何が起こったのか、わからなかったそうです。パニックになってしまいそうですが、そういう時って、一瞬時が止ってしまうものかもしれません。ハッと気付いて友人を見ると、その人も慌てて「大丈夫?ごめん!ごめん!」と何度も謝ってたそうでした。

ただ、その人の顔面には粉々になったガラスの破片が幾つも刺さっていて、そのことのほうにびっくりして声がでなかった、と言っていました。とりあえず応急処置をした状態で、結局フロントガラスは無いまま、高速を走って帰ったそうですが、一昔前のことなので、今はルール上通用しないのかな、と思います。ただ、フロントガラスが一部割れたままの走行はもっと危険なので、むしろ全面なくて良かったのかもしれません。フロントガラスに少しひび割れただけでも、スピードを出せばどうなることか、想像しただけでも怖い体験です。