カテゴリー
住宅

憧れの注文住宅、建てるなら…

house0430代半ば、知人や友人の中にもそろそろ念願のマイホームを購入する人たちが増えてきました。転勤の多い主人の仕事柄、もうしばらくはマイホーム購入にまで踏み切れない我が家ですが、時々「もし家を買うなら…」と話をすることがあります。
まずマンションか戸建てか、この時点で家庭によってはさっそく意見がわれてしまうかもしれませんが、うちの場合はともに戸建て派。

カテゴリー
住宅

一般庶民の相続に対する感覚

souzoku4資産を多く持ち、遺産相続に関連して骨肉の争いが生るようなテーマがドラマなどで取り上げられる事がよくあります。
相続税の非課税枠が下がったとは言え、一般庶民にとっては、東京都心に住居を所有している場合などを除いて、ほとんどの人が相続税を払わねばならないほどの相続を受ける事は少ないでしょう。
例えば、年老いた父親が亡くなり、母親が一人で実家に残された場合、法的には父親名義の資産は、母親が50%で、残り50%を子供が分ける事になりますが、そうした事を実際に行うのは、普通の子供の感覚では非常に考えにくいでしょう。
父親が亡くなっても、母親は父親名義の家に住み続け、また預貯金などがあったとしても、一人残された母親の将来を考えると、預貯金だけでも法定相続分だけ分けてくれなどとても言えるものではありません。こうした感覚が普通の庶民の親からの相続に対する感覚ではないでしょうか。

カテゴリー
住宅

大谷石に囲まれた古民家のカフェに行きたい

ooyaishi4 最近は古民家ブーム、カフェブームということもあってそれら両方を兼ね備えているお店にはとても興味があります。忙しい現代社会で生活しているからこそ古民家のカフェはとても落ち着きますので、ぜひとも訪れてみたくなります。そして、聞いた話では大谷石で造られている古民家のカフェが宇都宮にあるそうです。

 さすがにそのカフェのためだけに宇都宮へ行くことはできないですが、小旅行するには絶好の観光地です。宇都宮と言えば何と言ってもギョーザがとても有名で、それらと観光スポット目当てに自動車で日帰り旅行してみればとても楽しめそうです。

カテゴリー
住宅

生涯に一つくらいは不動産と呼べるものを持ちたい

fudosan4昔は持家を持つことが一つのステータスでしたが、今は土地神話も崩れて久しく、ライフスタイルも多様化して必ずしも不動産を所有することを必要としなくなりました。

土地を買い、家を買うとなると、000万円を超える頭金を用意して、35年ほどローンと共同生活せねばなりません。3000万円ほど借りて長期間のローンを組むと利息だけでも1000万円以上ついてしまいます。

公務員ならともかく、中小企業のサラリーマンではリストラなど雇用の継続も心配せねばなりません。家を建てたのも良いけれどローンを20年残して、リストラされたとか会社が倒産て仕事が無くなったでは目も当てられません。

でもこの頃家が欲しいなと思うようになりました。生きてきた一つの証として、頑張って働いてきた成果として、不動産と呼べるもの、持家が欲しくなりました。妻も欲しいと言うし。

カテゴリー
住宅

野球遊びで教室の窓ガラスを何度か割ってしまいました。

窓ガラス4私は小学生と中学生時代に、それぞれ学校の野球部に入っていました。当時は毎晩、夜になるとテレビ番組でナイター中継が放送されており、男子生徒にとってとにかく野球は人気がありました。

私が所属していた中学校時代の野球部の顧問は大変厳しい先生で、先生が練習を見ているときなどは緊張感でピリピリしており、みな、動きも必然的にきびきびとしていました。しかし、先生が学校の用事や会議等などでいないときは、まるで雰囲気が変わったかのように緊張の糸も切れて、練習もダラダラしていました。